WWFへの支援

2013年10月26日からスタートするTOKYO DESIGNER WEEKにて京都紋付は、約100カ国で活動している環境保全団体であるWWFとともに"PANDA BLACK FOR REWEAR PROJECT"と名うって、一般消費者や著名人の方から、リ・ウェアしたい製品を黒く染め上げるイベントを行いました。

京都紋付は、日本独自の「黒染」技術を活かした地球環境を守るプロジェクトを、社会で、世界へと提案していきたいという想いをもっています。なぜなら、年間日本で消費される服は250万トン、そのうちの200万トンは半年以内で捨てられているのが現状です。服を作るにも地球の資源を使っており、服一枚のリサイクルは地球を守る事に確実に繋がっていくはず。そんな着眼点から、いらなくなったTシャツや、シャツ、ワンピース等を、ファッションで人気の高い色・ブラックに染め直し、「REWEAR」する文化を構築していこうという企画です。

京都紋付ではこのスピリットをもって、WWFに対して、着衣等の受付重量に応じた寄付を行い、地球環境保全に貢献します。
お客様の大切な一枚を、弊社は責任を持って染め替えさせていただきます。このサービスは、黒く染め直すことで新たなものとしてもう一度楽しんでいただき、また他者と共存するこの地球環境を守る一貫となるようご提供していきたいと考えております。

ページトップへ