黒染へのこだわり

黒染へのこだわり 画像

京都紋付は、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを約100年間染め続けてまいりました。
創業当時、すべて手作業で行われていた染めの技術を時代と共に作業性を変化させ今に受け継いでおります。黒をより一層深みのある黒へ。最終行程では今も一つ一つが職人の手で加工され、厳しい目で確かめられています。黒しか染めない職人の技をお確かめください。

「体を切ったら、黒い血が出てくるかもしれん。」

先代荒川忠夫のこの言葉が、(下部)京都紋付の「黒へのこだわり」を如実に表しているかもしれません。
創業以来、京黒紋付染め一筋に歩んできた歴史は、ただひたすら黒の中の黒を求め、染料と技術の改善に努めてまいりました。往来の技術では深みのある色を出す為に何度も下染を繰り返し、色を重ねて(襲-かさね)いく必要がありました。大量の染料を使い、多くの手間がかかった黒染の生地は、非常に高価なものでした。
(株)京都紋付の染め工場では、今日でもこの古くから伝えられてきた技術を受け継ぎ、そこからさらに磨きをかけ日々精進しております。
染め行程では、染め職人の熟練のわざと長年の経験が生み出す独自の勘をもとに、染料の温度を微妙に変化させながら、数十回にもわたって生地を上下させて染めを繰り返して、究極の”黒”を完成させているのです。

ページトップへ

深黒加工

深黒加工 画像

深黒加工

弊社では、黒をより一層黒くする深黒加工という独自の染色技法を開発し、その技を磨いてきました。
これは一旦黒染加工を施した後、再加工をし、天日干しで一点一点乾かすことによって、黒さをより一層際立たせるものです。
この深黒の技術を製品に使用し、洋装界においても他の追随を許さない黒を実現しています。

深黒加工 比較
(黒染めのみと深黒加工の差)

ページトップへ