素材・アイテム・注意事項

素材


染替え可能
×
染替え不可能

要相談
綿・麻・シルク・羊毛・レーヨン・キュプラ ポリエステル100%・アクリル100%
ナイロン・革・アセテート・トリアセテート
染まる素材( 綿・麻など ) と化繊( ポリエステル・アクリル・ナイロンなど ) の混紡・交織のもの

※シルク・羊毛は大変繊細な素材であるため、縮みによる型崩れが発生しやすいものです。
また、通常の染めと異なる方法で染色いたします。料金のページをご参照ください。
※レーヨンは水や熱に弱いため収縮率が大きく、特に高級で繊細なものは破れなど破損する場合があります。
※キュプラはまれに染まらずに汚染するにとどまるものがあります。
※革製品は染色不可です。そのため、革の付属がついた衣類などは、あらかじめ取り外すことが出来ない場合には染色加工ができません。
※アセテート・トリアセテートについては、少量でも組成に含まれている場合は染色不可となります。
※「真黒には染まらない」という前提のもと、染色加工が可能な場合があります。ご相談ください。

ページトップへ

注意事項

[生地について]

○高温で染色する為、素材によっては縮みや傷みが生じる場合があります。
○生地が弱っている場合、破けたり穴があいたりする可能性があります。
○ダメージ加工などの加工が施されているデニムパンツ等はそこがさらに傷んだり、糸が染まってしまう事があります。
○形態安定などの加工や撥水加工が施されている衣類は、むらにあがったり、黒く染まらず変色する可能性があります。

[縫製糸について]

○縫製糸や刺繍糸はポリエステルが使用されている場合が多く、その部分は元色のまま残ります。
 例えば、元色が白の衣類でそれを黒に染めた場合、縫製糸がポリエステルだと黒の服に縫製糸が白いステッチとして残ります。
○縫製糸がほつれる可能性があります。
○金糸、銀糸は変色する可能性があります。

[色むらについて]

○色が部分的に褪せている場合、全体が均一に黒くならない可能性があります。
○混紡、交織のものはその混率によって色むらが出る可能性があります。
○目には見えない油や汚れが付着していると、そこだけ染まらずむらになる可能性があります。

[付属品・タブについて]

○ジーンズなどについている革パッチは、染替えの際の高温処理により縮み傷んでしまいます。
 中には、革ではなく紙製のものもございますが、この場合も傷みが生じますので、取外しをお願いしています。
○ボタンが外れかかっているものや、弱っているものは、外れたり破損する恐れがあります。木のボタンだと着色する恐れがあります。
○ブランドを示す織りネームや品質表示や洗濯についての注意書きのネームは、その素材によって染まる場合と染まらない場合があります。
○ラインストーンやビジュー、ワッペンなどの付属品は外れる可能性があります。
○品質表示や洗濯表示がなくなっているもの、また文字が消えてしまっているものはお受けできかねます。ご了承くださいませ。

[型崩れについて]

○新品・新品同様の衣類に関しては、染替え時には高温の中でかき回しながら行いますので衣類の風合いを損ねる場合があります。
○裏付きや肩パット、裄綿、芯地のついているものは、型崩れする恐れがあります。基本的には染替えをご遠慮させていただいております。

[縮みについて]

○洗濯表示にドライマークのあるものは、収縮してしまう恐れがあります。
○製品の素材や縫製仕様により、染替時に縮む恐れがあります。

[染色不可の際のご返送について]

○お洋服をお送り頂き、弊社で染色不可と判断させて頂いた場合は、送料着払いにてご返送させていただきます。
○複数点お送り頂き、染色可能な物と染色不可の物があった場合、染色工程終了後に染色不可の物も併せてお送りさせていただきます。

※染め直しは高温処理のため、生地傷み・縮み、染め後の色落ち、縫いの引きつれ、付属品の腐食・劣化、など様々な障害が発生する危険性があります。当社では、そのような障害が発生した際の責任を負いかねますので、上記注意点をご理解ご納得の上でご依頼いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ